スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.03.31 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

骨端線とは!身長が伸びるのは骨端線が伸びるため!

JUGEMテーマ:健康


身長を伸ばす方法として一緒に語られることが多いのが骨端線!骨端線とは、骨の先っぽの部分(関節部分)にあるそうです。そして身長が伸びるのは、この骨端線がのびるためといわれています。

なお骨端線は、ずっとあるわけではなく、大人(思春期以降)になると消えていくそうでです。一般的に骨端線は、男性で17〜18歳、女性で15〜16歳ごろまで残っているといわれています。そのため劇的に身長が伸びるのもこの頃までですよね!

しかし骨端線が残っている時期には個人差もあり、遅い場合だと男性で25歳、女性で22歳ごろまで残っていることがあるようです。20歳を超えて身長が伸びる原因は、この骨端線が残っているためといえそうですね。しかし思春期までのように劇的な身長の伸びは無いようです。

この骨端線ですが、レントゲンで調べれば残っているか確認することができるようですね。気になる場合は、試してみてもいいかもしれません。

そこで子供の身長を伸ばすには、やはり骨端線が残っている時期までに、成長ホルモン(HGH-21 Programなど)を活用するのも1つの方法といえそうですね。ただ子供の身長は、睡眠時間や成長ホルモンを活性化させるために適度な運動、さらにストレスを感じさせない生活などが関係しているといわれています。やはりトータル的に考える必要があるようですね!

スポンサーサイト

  • 2012.03.31 Saturday
  • -
  • 12:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク