スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.03.31 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

子供の低身長の悩みを解決!身長が伸びる方法とは!俗説に惑わされるな!

JUGEMテーマ:健康

 
子供の低身長に悩む親御さんが多いですが、実際に子供の身長が伸びる方法とは何かご存知ですか?ちょっと調べてみました!


一般的に身長は遺伝を関係があると思われていますが、遺伝とは『そうなりやすい体質』を引き継いでいるだけのこと!全く関係が無いとは言いませんが、子供の身長は遺伝2の生活環境8の割合で関係があるといわれています。


この生活環境については、様々な要素があるのですが、子供の身長が伸びるためには栄養素(特にタンパク質)・成長ホルモンが大事になり、さらに成長ホルモンの分泌を促す睡眠と運動が不可欠といわれています。よく『寝る子は育つ』という諺がありますが、あれば俗説ではなく真実みたいですね。俗説の部類としては、『毎日牛乳を1リットル飲むと身長が伸びる』とか『ぶら下がり健康器』などですね!


なお子供の成長に欠かせない睡眠ですが、ここで面白いデータを紹介します。これは小学校高学年の睡眠時間の統計なのですが、日本の子供は10時間以上の睡眠時間があるのは4%程度みたいです。なお8時間未満の子供は、なんと3割程度もいるそうですね。なお世界の子供でみると、半数程度は9時間以上の睡眠時間があるそうです。ちなみにヨーロッパは、10時間以上だそうです。やはり、子供の身長と睡眠時間は、大いに関係があるかなという感じです。また生活環境でいえば、子供にストレスを感じさせないことも大切みたいですね!


また身長が伸びるのは、主に思春期になりますが、この時期の身長の伸びについては個人差が無いと言われています。結局、大人になってからの身長差は思春期前までの身長差になるそうです。このことからも、子供の身長には成長期の生活環境がいかに大事かがわかります。


20歳を超えても身長が伸びるケースはありますが、一般的に最終身長になるのは、男性(18〜19歳)・女性(15〜16歳)といわれています。それ以前の生活環境に気をつけたいものですね!


スポンサーサイト

  • 2012.03.31 Saturday
  • -
  • 15:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク